リプロスキンを使って、赤みニキビ痕をケアする方法

リプロスキン

ニキビ跡を残したくないなら!!Reproskin(リプロスキン)

いくつになっても、何百年経ってもニキビは嫌!

大人であっても、思春期であっても、お顔にニキビができると、気持ちが一気にブルーになりますね。どんなにお洒落をしても、流行の髪型にしても、お顔にニキビが出来てしまうと、全部台無しにされたような悲しい気もちになります。それは男性も同じことで、電車に乗っていても、バスの中にいても、人の視線を感じるだけで、自分のニキビを見られているのかと思ってしまいます。

 

とはいえ、ニキビの悩みは今に始まったことではなく、平安時代にはすでに『邇岐美―にきみ』あるいは『面胞―めんぽう』と呼ばれており、人々の心を悩ませる存在でした。さらに、江戸時代になると、ニキビの治療法について、それこそ藩の数ほど「めんぽう」の特効薬なるものが生まれ、良いと言われれば、かなりの奇抜な民間療法も試してみる人が大勢いました。それほどに、ニキビは悩みの種であり、何とかしたい存在であることは昔も今も変わらないのです。

 

 

ニキビやニキビ跡が即効で消える魔法の薬など存在しない?!

ニキビが勢いよく顔中に出ているのを鏡でみると、どこにも行きたくない気持ちになりますね。そしてせっかく一生懸命にニキビ治療してニキビがでるのも落ち着いたと思ったら、赤黒いニキビの痕が皮膚の下に頑固に居座っていて消えてくれない。興奮したり、寒かったり、暑かったりすると、ますます赤黒いニキビ痕が浮かび上がってくるので、人前で無邪気にはしゃぐのも怖くなりますね。

その気持ちは痛いほどわかります。

だからと言って、ニキビやニキビ跡が即効で消えてなくなる魔法の薬などがあればいいな!なんて考えないでください。

室町時代であっても大勢の人が悩んだニキビは、現代の医学が進んだ時代にも大勢の人が悩んでいるのです。まずはニキビとは何か、どんなケアが有効なのかを一緒に考えていきましょう。

 

 

 

皮膚の生まれ変わりを利用してニキビ痕を上手にケアする

ニキビ治療で一番根気が必要で、正しいケアが必要なことは、お肌にできたニキビよりも、ニキビがやっと治まったあとにも、延々と何年間も居座り続けるニキビ痕です。先ほども書きましたが、ニキビ痕が短期間で消えて無くなるような魔法の薬はありません。それでも、ニキビ痕の種類別に適切なケアをすることで、ニキビ痕は確実に薄くなり、やがては消えていきます。

 

皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)は別名で新陳代謝と言いますが、健康な皮膚であれば通常28日~56日程度かかります。ずいぶんと日数に幅がありますが、それは体の部位の違いと、その人の新陳代謝の違い、そして年齢によっても変わってくるからです。通常は、年齢を重ねるごとに新陳代謝が低下していきますので、30代~40代のターンオーバーには、一番早く新陳代謝が起こる場所であっても45日程度はかかるといわれています。

ですから、年齢とともに傷も治りにくくなりますし、ケアをしても傷跡やニキビの痕がなかなか消えてくれないのはそのためです。

このターンオーバーの周期を上手に利用して、リプロスキンを使いながら、ニキビ痕を取り除いていきましょう。

 

赤いニキビ痕のケアはどうする?

とても真面目に、皮膚科のお医者様の指導に従ってニキビをケアして、ニキビはちゃんと治ったけれども、ニキビの痕が赤く残ってしまう人がいます。

これは、もともと色白の人に多く見られます。皮膚の赤くあった部分を触っても痛くも痒くもないのに、皮膚の下から赤い斑の柄が浮かび上がっています。

せっかくニキビを治しても、こんなものが顔に残るなんて。ニキビがあった時よりもショックですよね。だって、これはニキビではないから、これ以上はお薬を使って治せないからです。つまり、この赤いニキビ痕は、薬では治らないからです。

 

この赤い痕は、ニキビができた時に周りの皮膚が炎症を起こして(ひどい化膿状態になり)、ニキビの周りの血液の流れが滞ってしまい、ニキビが無くなってもその血液が溜まったことで起こるのです。そして、この赤いニキビ痕が残る人の皮膚のターンオーバーが正常に行われていない事が原因なのです。言い換えれば、ターンオーバーが正常になれば、赤みのあるニキビ跡も自然と薄くなっていきます。

 

ターンオーバーを正常にする4つの黄金ルール

ターンオーバーを正常にして赤みのあるニキビ痕を薄くするためには、以下の4つの黄金ルールを守りましょう。

  • 美肌と成長ホルモン活性化する黄金タイム(夜10時)には眠ること
  • ビタミンと動物タンパク質、植物タンパク質を多く含んだ食事をする
  • 定期的に運動をする—新進代謝を活発にしてくれます。
  • 浸透力と保力のある天然成分の肌ケア品を使う–ニキビ跡を改善するスキンケア商品は浸透力と保湿力、天然成分で選びましょう。

 

リプロスキンが赤いニキビ痕ケアに良い理由

ターンオーバーのサイクルが乱れてしまい、せっかく治したニキビの痕が赤くなって皮膚の下に居座り続ける、赤みニキビ跡ができてしったお肌は硬くなってしまっていて、美肌の有効成分を肌に浸透させることができにくい状態です。ですから、お肌の下層で、うっ血のような状態に残った赤みのあるニキビ痕に直接作用するように、お肌に浸透してくれる成分を使う必要があります。なぜなら、赤いニキビ跡を改善するには、肌の角質層の底にあるニキビ痕の根本に働きかける必要があるからです。

 

リプロスキンは、ターンオーバーを促進させ、有効成分の浸透を助ける導入型化粧水として開発されたニキビ痕ケアの商品です。つまり、お肌を柔らかく緩めることで美容成分がお肌に浸透しやすいようにする。それができるのがリプロスキンです。

どんなに素晴らしい美容成分が含まれている商品でも、お肌の状態がそれを受け入れるだけの柔軟性と保湿性がなければ、美容成分は角質層に入っていくことができません。単に表皮を流れて蒸発してしまうだけで、高価な美容成分の意味がありません。

さらに嬉しいことには、リプロスキンは有効成分を無駄なく吸収して、お肌に長い時間とどまらせるために、成分を「ナノサイズ化」しています。

ちなみにリプロスキンの有効成分とは、「ダーマホワイト、保湿成分であるホメオシールド、低分子コラーゲン、低分子ヒアルロン酸。美肌サポート成分である酵母エキス、イソフラボン、アロエエキス、ゼニアオイエキス」ですが、これらの成分がマイクロソーム構造によってナノ美容カプセルのようにパッケージとなって、お肌の角質層にしっかり入り込み、柔軟性のある健やかなお肌へと導いてくれます。

具体的には、ますこれらの有効成分が表皮を柔らかくしていき、角質層まで浸透していきます。次に、有効成分が浸透してくることで角質層も柔らかくなりますので、保湿力も蘇ってきます。

保湿力がないと、皮膚はかゆみを持つ、炎症を起こす、ニキビができる、しわができる、シミが増えるなどのトラブルが次々と発生します。

まぜなら、保湿力がないということは、潤い成分で守られていないということですから、強いストレスと損傷のリスクにお肌がさらされていることなのです。

リプロスキンの強い浸透力が美容成分を乾いて痛んだ角質層にしみこませ、赤みの原因であるうっ血状態の残る下層美容液の成分を肌の深部までちゃんと潤いを与えてくれます。これにより、肌のターンオーバーが徐々に正常な状態に戻っていき、あなたの肌に無理のない新陳代謝のスピードで、赤みのあるニキビ痕を薄く、そして消していってくれるのです。

リプロスキン

ニキビ跡を残したくないなら!!Reproskin(リプロスキン)

 

更新日:

Copyright© リプロスキン 口コミ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.